【乾燥肌の方必見】美肌菌の役割と育てる方法!

肌荒れに効果的な乳液・ローション

「しっかり洗顔していてもニキビが無くならない。」
「化粧水、美容液、パック…、どれを試してみても乾燥肌が治らない。」
「なんだか肌に元気を感じない。」

このような悩みを抱えている方は、肌の『美肌菌』が足りていない可能性があります。
実は、私たちの体内に常在菌がいるように、肌にも約1兆個ほど常在菌が存在していて、美肌菌はその一種です。

常在菌1兆個の中にも善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌の比率が高いとニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

今回の記事では、美肌菌とは何なのか?どうやったら増えるのか?といったことを解説していきます。

『美肌菌』とは?どんな効果がある?

美肌菌というのは正式には「表皮ブドウ球菌」と呼ばれる皮膚常在菌の一種です。
表皮ブドウ球菌は皮膚上の皮脂や汗を食べ、グリセリンを排泄します。

グリセリンには肌を保湿する効果、バリア機能を高めてくれる働きがあります。

美肌菌を育てることで期待できる効果として

  • 肌トラブルの減少
  • 乾燥肌の改善
  • 肌の透明感アップ
  • キメ細かい肌になる

など嬉しい効果が満載ですが、どうすれば美肌菌は増やせるのでしょうか?

美肌菌を増やすスキンケア

肌に悩める方にとって、嬉しい効果満載な美肌菌を増やすためのポイントを紹介していきます。

洗顔料は夜のみ!

多くの洗顔料には界面活性剤が含まれており、細胞間にいる美肌菌まで洗い流してしまいます。

美肌菌が少しでも減らないためには、洗顔料を使う回数を減らすことが重要です。
洗顔料を使うのは夜のみにするなど、できることから努力していきましょう!

ゴシゴシ洗いはNG!

優しく洗顔する女性

ゴシゴシ洗うと何となく汚れが落ちそうな気もしますが、美肌菌の住処である角質を壊してしまいます。

キメ細かい泡で肌全体を包むように洗い、35℃前後のぬるま湯で優しく洗い流してあげましょう!

化粧水は控えて、乳液・ローションで保湿を!

化粧水を大量につけることは、肌本来のバリアである角質層を破壊し、化粧水に含まれる成分で美肌菌を殺すことに繋がります。

美肌菌を育てるためには過度な化粧水の使用は控えたほうが良さそうです。

最近では美肌菌を増やすことに特化した乳酸菌ローションもあり、乾燥対策として使うことでより効率よく美肌菌を増やすことが可能です。

日頃から適度な運動を!

ランニングする女性

軽い運動でかいた汗や皮脂が美肌菌にとってエサになりますし、適度な水分は美肌菌を増えやすい環境を整えるとされています。

良質な睡眠や、内面から肌を綺麗にするためには運動も非常に大切なので、軽運動でもいいので習慣づけましょう!

美肌菌は一日にしてならず

美肌菌とは何なのか、どんな効果があり、どのようにに増やせばよいのかについて解説してきましたが、いかがでしたか?

シンプルなケアが美肌菌を増やす一番の近道ですがすぐに増えるわけでもありません。
どんなスキンケア方法にも言えることですが、継続して初めて結果が現れます。

根気強く美肌菌を育て、乾燥、肌トラブルとは無縁の素肌美人を目指していきましょう。

コメント